年の差17歳夫婦が運営するキキフォトワークスのカメラマン池田一喜のウエディング、お宮参り、七五三、家族写真などの仕事と子育てブログ

記念写真で愛を残す出張カメラマンならキキフォトワークスへ

白無垢の髪型は洋髪ヘアスタイルで前撮り写真

前撮りフォトウエディング

東京から和装前撮りに来た二人にぴったりのロケーション撮影です!

キキ 池田
こんにちは。

キキフォトワークス、代表カメラマンの池田一喜です。

カメラマン紹介はこちら

今日は東京から和装の前撮りに来られた、元気一杯の二人の奈良公園と室生寺での写真撮影に行ってきました。

東京から

今日は奈良県の秘境、女人高野室生寺と奈良公園での和装の前撮りでした。遠くは東京から前日に関西に来られての和装前撮りです。

東京をはじめ関東では、なかなか和装で自然豊かな場所で、気軽に前撮りできる場所が少ないようです。

最近では前撮りでのいろんな問題が起こって撮影が禁止に変わった場所もあると聞きました。

また、京都も同じように沢山の前撮り業者が集まり、民家に勝手に入ったり立ち入り禁止の場所で撮影したり。

そういった事が問題視され、前撮りの場所については年々、厳しくなっています。

でも、奈良はもともと、京都や大阪、神戸に比べたら訪れる観光客は少ないです。最近のインバウンドの増加があっても他の観光地より人が少ないです。

そのため、場所の取り合いをする事もなく、道路の渋滞や駐車場の満車で移動に苦労する事もありません。

また、観光客や一般の人が写り込んでしまって、なかなかシャッターを押すタイミングがとれないなんて事もありません。

奈良公園は敷地が南北4キロ、東西2キロの広さがあり、そのどこもが絶好の撮影ポイントです。

そして観光客が集まる場所はメインの場所に限られているため、それ以外の場所では人もすくなく、ゆったりと撮れます。

また、今回の前撮りスポットとして二人が選んだ室生寺も、奈良の人でもどこにあるのか知らない人が多いくらいの秘境です。

と言っても、奈良公園から車で40分ほどなので、今日のように奈良公園と室生寺の両方を1日で余裕で回れます。

そんな事もあって、他の地域の人が羨ましがるような撮影ポイントは奈良には沢山あるんですよ。

髪型は洋髪

今日の新婦さんが選んだ髪型はカツラではなく洋髪のヘアスタイルでした。前撮りだと洋髪の方が動きが楽ですね。

結婚式なんかだとカツラで文金高島田で綿帽子での神前式をされる事が多いです。

それでも、式が終わったらヘアスタイルを洋髪にチェンジして写真撮影される人も珍しくありません。

儀式としての結婚式はカツラで。そして写真用には洋髪ヘアスタイルで、そういった使い分けをされています。

東京からの場合

今は梅雨の真っ最中です。なので前撮りの場合天気判断が1番大変です。天気予報が当たる事の方が少ないシーズンですしね。

なので、前撮りの場合、天気が心配なければ前日の夜に撮影を行うかどうは判断しています。

でも、天気が不安定な場合、前日の夜でも判断がつきにくい事もあるので、その場合、当日の早朝に撮影するかどうか決める事もあります。

前日の夜には曇り予報だったのに翌朝になると雨に変わっている事も珍しくありませんし、その逆の場合もあります。

でも、今回の東京のような遠方から来られる場合、こちらに来てから撮影延期だと、せっかく来ても無駄になる事もあります。

そのため、東京を出発する前に判断する事も可能なのですが、大抵の場合、雨予報でも観光を兼ねてこられる事が多いです。

今日の新郎さん、新婦さんも雨を覚悟で来られたのですが、結局は雨は降らず、傘いらずで撮影をする事ができました。

時間とスケジュールは?

まだ7月とはいえ、奈良は毎日のように真夏日になっています。その暑い中での和装の前撮りは体力的に厳しいです。

なので、できるだけ気温が下がっていく時間帯に撮影するのがオススメです。

ならば午前中は?となるとは思うのですが、午前中は気温が上がっていく時間帯です。

気温が何度かって事も大事ですが、人間の体にとって気温が上がっていく中にいる事が結構きついです。

特に夏は朝の涼しい状態から一気に30度を超えるまであがるので、体が気温上昇においつかない、慣れないのが辛いんだと思います。

でも、午後の遅めの時間になると、徐々に気温が下がっていくので、午前中よりも楽に感じるんだと思います。

今日の撮影は朝から夜までの1日コースでしたが、気温が高い時間帯は山の中の涼し室生寺で撮影を。

そして奈良公園についたのは夕方の4時くらいで、その頃になると奈良公園の風も涼しく感じました。

昼間の奈良公園は芝生の照り返しがきつく、まるで床暖房の上をあるいてるのかと思うくらいに暑いです。

前撮りの撮影スポット

この記事には室生寺と奈良公園でのオススメの撮影スポットの写真を沢山のせています。

この文章までの上の写真は全て室生寺で撮影した写真ばかりです。

そして下の3枚目までも室生寺の写真、それより下は奈良公園での写真です。

ぜひ、前撮りの撮影場所選びの参考にしてくださいね。

鳥居や神社

奈良公園の中には春日大社が鎮座しています。でも、そこは春日大社の敷地なので、そこに立ち入っての撮影はできません。

でも、奈良公園の中には春日大社の境外摂社や末社(神社が管理する敷地の外にある小さな神社)があります。

そんな摂社や末社の前を通るので、素通りする事なくちゃんと神様への報告のためにお社に参拝します。

撮影場所

よく聞かれるのが東大寺や春日大社、興福寺で前撮りができないか?です。

結論から言って、そこで結婚式を挙げる人しか敷地内での撮影はできません。

東大寺や春日大社、興福寺は公共の施設や公園ではなく宗教法人です。

そこで前撮りをするのは、会社のビルの中に入って写真を撮るのと同じなので、必ず許可が必要です。

そして東大寺や春日大社、興福寺は挙式をあげていない人の敷地内での前撮りは禁止となっています。

でも奈良公園で撮影してる時、遠くに写り込んでしまうのは法律的には問題がありません。

鹿と一緒

そして何と言っても奈良公園と言えば鹿さんですよね。奈良公園の鹿は春日大社の神様の使いとされています。

奈良公園に行けば、沢山の外国人観光客が鹿と一緒に楽しそうに遊んだり写真撮影をしています。

中には鹿、動物が苦手な人もいますが、事前に尋ねて問題なければ鹿とも一緒に写真を撮っています。

データ付き

基本の料金プランで全カットのデータが付いています。撮影枚数もポーズ数もお渡しするデータ枚数にも枚数制限などはありません。データは高額で別料金なんて事はないので後の支払いを心配すること無く、沢山のカットを撮影する事ができます。

記事一覧  カメラマン紹介はこちら

前撮り一覧  結婚式一覧  お宮参り一覧

七五三一覧  家族写真一覧  私的ブログ

キキフォトワークスのInstagram

和装写真のInstagram

このブログを書いた人

カメラマンのブログのプロフィール写真

キキフォトワークスのメインカメラマン

池田一喜です。

愛妻家で親ばか丸出しのカメラマンです。

 

写真は未来の宝物

将来、辛い事があった時

貴方を勇気づけるような写真を残したい

元気と勇気と優しさを

思い出してくれるような写真を

 

そんな思いで記念写真を撮っています。

神道、神社、キリスト教の研修も受けてます。

より詳しいプロフィールは

【自己紹介のページ】

をご覧ください。

また空き状況の簡単な問い合わせは

【LINE公式アカウント】

からでもOKです。

友だち追加

キキフォトワークスのLINE

カメラマン池田一喜

-前撮りフォトウエディング
-, , , ,

Copyright© 記念写真で愛を残す出張カメラマンならキキフォトワークスへ , 2021 All Rights Reserved.