大神神社でお宮参りの赤ちゃん

お宮参り

【大神神社お宮参り】秋の風を感じる大神神社は絶好のお宮参り日和となりました!

キキ 池田
こんにちは。

キキフォトワークス、代表カメラマンの池田一喜です。

今日は奈良桜井市の日本最古の神社、大神神社でのお宮参りの撮影でした。明日から10月ですが夏に戻ったかのような暑さとなりましたが境内では秋を感じる風が吹いていました。

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

お宮参り、いつ


よく聞かれるのですが、お宮参りは生まれて何ヶ月目に行くのがいいのか?いつ?どんな時期?どういったタイミングで行くのがいいのか?です。

結論から言って決まりはありません。昔は生後一ヶ月でお宮参りと言われていましたが、その時期だとママによってはまだまだ体調が戻っていない人もいます。

また夏の暑い時期、冬の厳しい寒さを避ける人も多いです。本当なら生後一ヶ月だと8月や2月にあたる場合、一ヶ月ほど先に伸ばす人もよくあります。なので大体、生後一ヶ月から三ヶ月の間にお宮参りに行かれる人が多いです。

 

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

お宮参りの服装

お宮参りの時、赤ちゃんやご家族皆様の服装で悩まれる人も多いです。ご祈祷の時は神様の前にでるので、あまりラフな服装ではダメですが、かといって結婚式のような正装でないといけないって事もありません。

また、赤ちゃんの着物もあっても無くても、どちらでも大丈夫です。写真的には着物がある方が写真のバリエーションが増えますが、ご祈祷の時は無くても問題ありません。

特に暑い時期に赤ちゃんを抱いて着物を1枚かけるだけで汗だくになる事もよくあります。もし着物を持っていかれる場合、中の白い長襦袢を外しておくだけで暑さがかなりマシです。

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

暑い時のお宮参り

そして今日のような暑さの日には注意が必要です。

赤ちゃんは大人に比べて熱の発散が自分ではまだ上手くできません。なので、大人より1〜2枚は薄着がいいとされています。特にこの時期は朝晩は涼しいのですが昼間は熱中症に注意が必要なくらい気温が上がる事が珍しくないので薄着の方がいいです。

それと赤ちゃん用の飲み物やミルクが必ず必要です。多分、赤ちゃんが暑い時に屋外に長時間いるのはお宮参りの時が初めての経験だと思います。

大人でも今日のような暑い日は30分もしたら喉が乾きます。たとえ授乳したばかりでお腹がいっぱいの状態でも、赤ちゃんは喉が乾いて泣く事が多いです。

 

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

秋を感じる大神神社

でも境内の日陰に入ると涼しい風が吹いていました。なんとなく日陰での撮影もまだまだ夏の空気感が残っています。でも涼しい風に誘われて、眠っていた赤ちゃんがご機嫌におきてくれました。

 

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

大神神社でお宮参りの赤ちゃん

神社でのお宮参り写真は全データ付き

お宮参り撮影の基本の料金プランは全カットのデータが付いています。撮影枚数もポーズ数もお渡しするデータ枚数にも枚数制限などはありません。データは高額で別料金なんて事はないので後の支払いを心配すること無く、沢山のカットを撮影する事ができます。

キキ 池田

キキフォトワークスの池田一喜・敬子です。

ホームページをご覧くださり、本当にありがとうございます。

キキフォトワークスは、夫婦二人で運営している奈良県の小さな会社です。

小さな会社だからこそ、お客様の気持ちに寄り添う撮影にこだわります。

和装前撮り・神前式(神社結婚式)・お宮参り・七五三・フォトウェディング

撮影内容は色々ですが、記念写真をメインに奈良から全国へ出張撮影をしております。

また逆に、日本全国から奈良までロケーション撮影にお越しになる方も多いです。

通常24時間以内に返信しております、是非お気軽にお問い合わせくださいね。

-お宮参り
-,

Copyright© 記念写真ならキキフォトワークス|奈良から全国へ出張カメラマン , 2020 All Rights Reserved.