キキフォトワークス株式会社

和装前撮りに必要な色打掛の選び方とおすすめポーズ

お問い合わせはこちら 撮影・アルバムメニュー詳細

和装前撮りに必要な色打掛の選び方とおすすめポーズ

和装前撮りに必要な色打掛の選び方とおすすめポーズ

2024/02/02

結婚式前に行われる和装前撮りは、二人の思い出に残る貴重な時間となることでしょう。その中でも、女性が着る色打掛はとても重要なポイントです。どのような色のものを選び、どんなポーズをとると自然な表情が引き出せるのでしょうか。今回は、和装前撮りに必要な色打掛の選び方とおすすめのポーズについてご紹介します。

目次

    和装前撮りに必要なアイテムとは?

    和装の結婚式には、やはり和装での前撮りが欠かせません。和装前撮りには、必要なアイテムがいくつかあります。まずは和装自体が必要ですが、和装着物には、振袖や色打掛、訪問着などがあり、より格式が高いものを選ぶ方が、撮影により華やかさが加わります。また、和装に合わせた和傘、草履、帯や帯留め、更に髪型に合わせた花や飾りなども欠かせません。撮影場所や季節によっては、着物の裾に防寒用の半衿をつけたり、季節に合わせた肌着や靴下なども用意することが大切です。いずれにしても、和装前撮りに欠かせないのは、和装文化に基づいたアイテムや小物だといえるでしょう。和装での前撮りは、日本ならではの伝統美と感性を楽しめるものであると同時に、新郎新婦自身の思い出としても大切なものとなります。

    色打掛の選び方とは?

    ウェディングフォト撮影での新婦の衣裳選びはとても大切です。その中でも注目されるのが、色打掛です。色打掛は、伝統的な日本文化を象徴する衣装であり、和装ウェディングにとてもふさわしいハイクラスの衣装です。色打掛の選び方について説明します。 色打掛の選び方としてまず大切なのは、新婦自身が自信を持てることです。自信がある衣装を選ぶことで、より美しく輝くことができます。また、色打掛は季節や会場に合わせて選びましょう。例えば、冬の結婚式には暖かみのある色のもの、春の結婚式には淡い色味のものがおすすめです。 色打掛の色選びにおいては、自分の肌の色や髪の色によって選ぶ色を考えましょう。例えば、白くてきれいな肌の人には淡い色味のもの、黒髪の人には赤系のものがお似合いです。衣装が似合う色を選ぶことで、一層美しく映ることができます。 最後に、撮影場所の雰囲気に合わせて選ぶことも大切です。場所ごとのごとの雰囲気に合わせた色打掛を選び、統一感を出すことでより一層素敵なウェディングフォトが撮れるでしょう。 以上のポイントを踏まえて、自分に似合う色打掛を選び、自信を持って素敵なウェディングフォトを残しましょう。

    よくある色打掛のカラーとその意味

    ウェディングフォトでお祝いの席には、よく色打掛が着られます。そして、色打掛にはそれぞれ意味があります。例えば、白色打掛は清楚で目立たなくて素朴であるという意味があります。また、紫色打掛は高貴な気品や神秘性、歴史的な重みを感じさせます。一方、緋色打掛は幸運さを象徴し、新郎新婦のおめでたい日を華やかに彩ってくれます。他には、青色打掛は清潔感があり人見知りしない印象を与え、黒色打掛は大人らしさや品格を表現します。このように、色打掛を選ぶ際には、自分たちのイメージや意味に合ったものをチョイスすることが大切です。そして、色打掛と共にウェディングフォトが素晴らしい思い出となることを願っています。

    和装前撮りで押さえておきたいおすすめポーズ

    和装前撮りは、日本の伝統文化を取り入れたウェディングフォトの一種で、和装姿での写真を撮影するものです。和装前撮りで押さえておきたいおすすめポーズを紹介します。 1. 扇子を持ったポーズ:扇子の持ち方によって、表情やポーズの雰囲気が変わります。落ち着いた雰囲気を出す姿勢もおすすめです。 2. 袖を広げたポーズ:着物の美しい袖を大きく広げるポーズです。袖ものを活かした写真ができます。 3. 二人で手をつなぐポーズ:伝統的なウェディングフォトのポーズで、和装前撮りでもおすすめです。彼との距離感を表現できます。 4.和室で正座をしたポーズと、和装前撮りにぴったりの雰囲気がでます。日本古来の文化を取り入れた一枚が撮れます。 以上、和装前撮りで押さえておきたいおすすめポーズをご紹介しました。伝統的な和装姿を活かし、素敵な一枚を撮影してください。

    和装前撮りならではの雰囲気を演出するアイデア

    和装前撮りは、カップルにとって特別な思い出となる大切な撮影です。日本の伝統的な文化や美意識を取り入れたフォトウェディングは、カップルが大切にするものを表現する素晴らしい機会です。和装の雰囲気を最大限に引き出すためには、いくつかのアイデアがあります。例えば、撮影場所を日本庭園など日本の伝統ある場所に設定することで、和装の美しさと相まって、より雰囲気を高めることができます。また、和装に合わせたメイクやヘアスタイルを提案することも大切です。それぞれのカップルの個性に合わせた和装や小物を使い、新郎新婦の魅力を引き出します。さらに、和装の花嫁には、季節を感じさせる和の花などを取り入れることで、和装らしい美しさを表現できます。和装前撮りは、日本の美意識が詰まった一生に一度の思い出です。この大切な撮影を成功させるためには、和装に合わせた場所や小物、メイクやヘアスタイルなど、様々なアイデアを活用することが必要です。

    キキフォトワークス【公式】撮影プランや料金などの詳細はこちら

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。